桃田、西本ら2回戦進出 世界バドミントン開幕

男子シングルス1回戦 メキシコ選手と対戦する桃田賢斗=東京体育館
男子シングルス1回戦 メキシコ選手と対戦する桃田賢斗=東京体育館

バドミントンの世界選手権は22日、東京体育館での各種目1回戦で開幕し、男子シングルスで2大会ぶりの優勝を狙う桃田賢斗(NTT東日本)がメキシコ選手を2―0で下し、2回戦に進んだ。西本拳太(ジェイテクト)は第3シードのアナス・アントンセン(デンマーク)を2―0で破り、奈良岡功大(IMG)も1回戦を突破した。

ダブルスは混合で前回銅メダルの山下恭平、篠谷菜留組(NTT東日本)がフランスのペアにストレート勝ちで2回戦に進出。男子は松居圭一郎、竹内義憲組(日立情報通信エンジニアリング)と岡村洋輝、小野寺雅之組(BIPROGY)が勝ち上がった。

シングルスでは男子の常山幹太、女子の大堀彩(以上トナミ運輸)が敗退した。

バドミントンの世界選手権は初の日本開催で、28日まで行われる。

会員限定記事会員サービス詳細