12気筒は合理を超えたところにある 新型ベントレー・ベンテイガ・スピード試乗記

ベントレーのSUV「ベンテイガ」に設定された高性能バージョン「スピード」に今尾直樹が試乗した。

小山のように大きい

ベントレー・ベンテイガ・スピードは、いかにもベントレー的であると同時に、従来のベントレーの枠組みを打ち破ろうとする、これぞ野心の塊、であるように私には思われた。

もっとも、伝統とは単にあるものを守るだけではなくて、時代に合わせてなにがしかを加えたりすることでつくられていくものだからして、2020年8月に本国で発表され、昨年初夏に日本に上陸したこのあたらしいベンテイガの旗艦がそう思わせるのはごく自然なことだともいえる。つまり、自分で申し上げるのもなんですけれど、なにも語っていないのに等しい……。ああ。

であるにしても、ベンテイガ・スピードはなにもかもがゴージャスすぎる。

まずもってそのサイズだ。全長×全幅×全高は5145×1995×1755mm、ホイールベースは2995mmある。小山のように大きい。12気筒を積むスピードならずとも、ベンテイガはそもそも大きいわけだけれど、同じプラットフォームを使うアウディ「Q7」とホイールベースは同寸ながら、Q7より80mm長くて25mm幅広く20mm高い。だから、ベンテイガのほうがリッパに見える。

おまけにスピードは、フロントのボンネットの下に、635psにパワーアップした6リッターW12ツイン・ターボを潜ませている。V8のベンテイガが21インチ・ホイールを標準にしているのに対して、スピードは1インチ大径を履いている。ベンテイガのなかでもスピードは、なんというか、自信に満ちているように見える。

8年後、ベントレーはすべてBEVになる

振り返ってみれば、ベンテイガはW12ツイン・ターボを搭載する、ベントレー史上初のSUVとして2015年にデビューした。はじまりにフォルクスワーゲン・グループ傘下のベントレーのシグニチャーである6.0リッターW12ツイン・ターボがあった。

その4年後、最高出力608psだったW12を635psにビーフアップした高性能モデルがベンテイガにも追加された。それがベンテイガ・スピードである。

2020年にベントレーはベンテイガにマイナーチェンジを施す。このとき、前後のデザインにメスが入り、コンチネンタルGTとの共通性を感じさせる、現在の丸みを帯びたカタチに変わる。このフェイスリフト後のベンテイガをここでは「新型」もしくは「フェイズ2」と呼んでおく。

新型の登場時に注目すべきだったのはW12ではなくて、V8で登場したことだ。この時点で、ベントレーの首脳陣は方針を変換していたのだ。温暖化ガスであるCO2の削減は、少量生産の高級車といえども避けては通れない。むしろ、ノーブレス・オブリージュ、高貴な者には責任がある、と判断した。本年1月、ベントレーは2025年から5年にわたり、毎年1車種、BEV(バッテリー電気自動車)を発売するという「ファイブ・イン・ファイブ」計画を発表、2030年にエンド・トゥ・エンドでカーボン・ニュートラルを達成する、と宣言したのである。

8年後、ベントレーはすべてBEVになる。個人的には、がちょ〜ん。だけれど、気候変動は人類の存亡にかかわるテーマなのだから致し方ない。

カーボン・ニュートラルへと向かう道程で、ベントレーはベンテイガにV6+モーターのハイブリッドを設定し、12気筒は高性能版のスピードのみを残すことにした。前期型ボディのベンテイガ・スピードを送り出してわずか1年という短期間で、フェイズ2のスピードに切り替えることになったのだから、パワートレインを継承しているのは当然というべきだろう。

会員限定記事会員サービス詳細