アマゾンの倉庫で働く新型ロボットは本当に「安全」なのか 専門家が指摘する負傷事故発生の本質

アマゾンが倉庫で働く従業員の安全確保と効率化のために、「Proteus」と呼ばれる新型ロボットを新たに導入した。しかし、ロボットの導入だけでは従業員の負傷事故は減らせないと専門家は指摘する。

アマゾンの倉庫に初めてロボットが導入された2014年から、同社の経営陣はロボットのおかげで作業員の安全性が向上していると繰り返し主張している。ところが、報道ポッドキャスト「Reveal」が入手したアマゾンの記録から、ロボットを導入した倉庫では16年から19年にかけて重大な負傷事故がほかの倉庫より多く発生していたことが明らかになった。ロボットの導入により個々に割り当てられる仕事の量が増やされたことから、従業員の安全性が低下したことをうかがわせる事実である。

また、アマゾンが米労働安全衛生局(OSHA)に提出した報告書を『ワシントン・ポスト』が分析したところ、アマゾンの倉庫では他社の倉庫に比べ約2倍の重傷事故が20年に発生していたことがわかった。労働組合連合の戦略的組織センター(SOC)が別途OSHAのデータを分析した結果からも、21年に同じ傾向が見られたという。

アマゾンは、同社初の完全移動型協働ロボットと謳う「Proteus」という名のマシンを、22年6月末に発表した。そしてアマゾンの幹部は、このロボットの導入によって作業員の安全性が向上するはずだと繰り返し主張している。

Proteusは初めのうち、フルフィルメントセンター内の出荷エリア周辺のみで荷物の運搬を担当する予定だ。そしてアマゾンは、いずれロボットが倉庫内の端から端へと荷物を運び、人とじかに接しながら作業できるようにしたいと考えている。

謎に包まれた新型ロボット

Amazon Roboticsのチーフテクノロジストを務めるタイ・ブレイディは、誰かを傷つけるようなやり方でアマゾンがProteusを稼働させることはないと語る。

「“人を傷つける”という言葉を聞くだけで、自分のことのようにつらく感じます」と、ブレイディは言う。「当社の施設内での負傷事故を減らすために不断の努力を続け、集中的な対策をとっています。従業員が安全かつ簡単に利用できるロボットをつくることが、わたしたちの仕事だと思っているのです」

アマゾンの広報担当者は、OSHAのデータを見れば19年から21年にかけてほかの大手小売業者の負傷事故率が増加している一方で、アマゾン従業員の事故率が減少していることがわかるはずだと発言している。だが、アマゾンの報告書に関するほかの分析結果は、一様に同社の負傷事故率が他社より著しく高いことを示しており、広報担当者はこれに対するコメントはしていない。

ブレイディは、Proteusが人との距離を保ち、ぶつかりそうになると速度を落とす様子を立食パーティーの給仕係に例える。プロテウスは内蔵のセンサーを駆使して“安全バブル“と呼ばれる状態を保っている。周囲の人や障害物を察知し、状況に応じてこの“安全バブル”を拡大したり縮小したりするというのだ。

何者かに進路を阻まれたことをコンピュータービジョンで察知すると、Proteusはただちに停止する。進路の周辺で“安全バブル”に接近してくる人を見つけると、Proteusは速度を落として人や障害物から0.5m以上の距離を保つという。

会員限定記事会員サービス詳細