下関国際、終盤に突き放す 下関国際8―2近江

【下関国際―近江】一回、左前に先制打を放つ下関国際の仲井=8月20日、甲子園(渡辺大樹撮影)
【下関国際―近江】一回、左前に先制打を放つ下関国際の仲井=8月20日、甲子園(渡辺大樹撮影)

下関国際は2―2の六回に森の2点二塁打で勝ち越し。七回には犠飛で加点し、八回に橋爪の適時三塁打と赤瀬、松本の連続スクイズで3点を加えて突き放した。先発の古賀は二回途中3四球で降板。2番手の仲井は伸びのある直球で押し、8回を8安打2失点で逃げ切った。

近江先発の山田は本来の球威がなかった。7四球と制球も乱れ、七回途中7安打5失点。打線は三回に清谷、山田の適時打で追い付いたが、五、七回の好機ではあと一本が出なかった。

会員限定記事会員サービス詳細