電車にはねられ10歳前後の男児死亡 愛知

19日午後8時45分ごろ、愛知県稲沢市増田北町の名古屋鉄道名古屋線の線路上で、10歳前後の男児が名鉄岐阜発須ケ口行き普通電車(2両編成)にはねられ死亡した。電車の乗客14人にけがはなかった。

愛知県警稲沢署によると、走行中に運転士が線路上に人影を見つけてブレーキをかけたが、間に合わずに衝突した。事故の発生とほぼ同時刻に、現場近くの住民から同年代の男児が家を飛び出したと署に通報があり、関連を調べている。 

名鉄によると、須ケ口―名鉄一宮間の上下線で一時運転を見合わせた。

会員限定記事会員サービス詳細