野球カードとNFT~Coinbase代表が語るクリプトの役割と可能性

かつて大きなハッキング事件が起きた。いまだ投機的なスキームだと思われているフシもある。日本におけるクリプトエコノミーの立ち位置は、まだまだ盤石とは言い難い。だからこそ自分たちにはできることがあると、Coinbase代表取締役の北澤直は考えている。その目に映るクリプトの役割、そして可能性を北澤が語った。 (雑誌『WIRED』日本版VOL.44より転載)

北澤直 ぼくは4年前に、「フィンテックの世界」から「クリプトの世界」にやって来ました。前職で携わっていたのは、ロボアドバイザーというサービスです。当時は、「金融の民主化」というフィンテックがもたらす価値に面白みを感じていました。それまで金融サービスといえば「プロによるプロのためのもの」で、一般向け・リテール向けのサービスは成熟していませんでした。プロとリテールの間には、資本力はともかく、知識や情報の部分で埋め難い差異があったのです。

しかしそこにテクノロジーが介在することで、プロが享受していた水準のサービスを、より簡便に、効率よく提供できる可能性が生まれました。実際、ぼくらが提供していたサービスも、本来は専門的な知識が必要になる「分散投資」をアルゴリズムやシステムによって自動で行なうものでした。

フィンテックには素晴らしい意義がありますし、まだまだやれることも多いと思います。ただ、クリプトのポテンシャルに触れたときに、「根本からひっくり返しちゃうんじゃないの? 」という衝撃を受けたんです。フィンテックが、金融サービス全体を見渡したうえで「リテール向けのサービスを充実させていこう」というものだとしたら、クリプト(暗号資産・暗号通貨)はインターネット全体、あるいは社会インフラという観点から「足りてないものって何だろうね」という話なので、これはもう次元が違うなと。そんなクリプトがもつポテンシャルに興味をもち、ご縁が重なったこともあってこの世界に足を踏み入れました。

みんなで「玉転がし」をやっている感覚です

2021年のなかごろから、NFTのブレイクをきっかけに急速にWeb3への注目が高まりました。個人的には、「そら見たことか」という気持ちも若干あります。クリプトの世界に移ってきた当時、「暗号資産ってクイック・リッチ・スキームだよね? 」「クリプトの本質的な価値って何? 」「いつでもなくなっちゃうよ? 」といった話を、直接的にも間接的にもたくさん耳にしました。しかしいまや社会的な認知度が高まり、例えば中央銀行から「デジタル通貨をやってみよう」という声が聞こえてきたり、国際的な消費者保護やテロリスト対策に対する議論も活発になってきました。一部のエンスージアストたちのコミュニティに閉じていた熱量が、どんどんリアル社会に染み出しているような印象です。

ユースケースが出づらかった面は確かにあります。特に通貨となると、ソブレンティ(国家主権)との綱引きになるので、「果たしてどこまでできるのか」という観点は常にありました。代表的な資産であるビットコインにしても、当初は技術的な未成熟さがありましたが、その欠陥を補っていくようなプロトコルが次々と出てきました。その一方で、イーサリアムに代表されるスマートコントラクト・プロトコルの重要度が増し、それを追うようにしてソラナが出てきたり、アバランチが出てきたりと、いろいろな人たちが新しいアイデアを具現化するプラットフォームができつつあります。そうした時期だからこそ、理想論に立っている人たちと、現実的に「いや、この辺じゃないの? 」という人たちとの間で議論が巻き起こるのは、とても健全なことだと思っています。

Coinbaseの公式見解とはまったく関係ありませんが、ぼくは、ジャック・ドーシーはジャック・ドーシーで、クリプトにはすごく期待をしていると思っています。ただ、いまはそれがすごく中央集権化しているように見えるので、声を上げているのかもしれません。a16zの人たちにしても、「なに言ってるんですか、クリプトというものを実社会に根付かせようと努力しているところで、いまは通過点なんですよ! 」という立場なのかもしれません。

会員限定記事会員サービス詳細