トルコ調整センターも視察 国連総長、穀物輸出を確認

「合同調整センター」の活動の視察に向かう国連のグテレス事務総長(中央)=20日、トルコ・イスタンブール沖(共同)
「合同調整センター」の活動の視察に向かう国連のグテレス事務総長(中央)=20日、トルコ・イスタンブール沖(共同)

国連のグテレス事務総長は20日、ウクライナから黒海経由での穀物輸出を監視するトルコ・イスタンブールの「合同調整センター」の活動を視察した。記者会見で「素晴らしい、(人々を)勇気づける活動」だったと称賛し、国連が主導してきた穀物輸出の重要性を訴えた。一方、ロシアの食料と肥料の世界市場への輸出を妨げてはならないとも強調した。

調整センターはロシア、ウクライナ、国連、トルコの合意に基づき設置された。黒海の「回廊」を通る貨物船の安全な航行を監視する。イスタンブール沖では、ウクライナを出港した貨物船や、ウクライナに向かう船の積み荷などに問題がないかどうかも検査する。グテレス氏は船の検査活動を視察した。

センターによると、穀物輸出が再開した1日から20日までに貨物船27隻がウクライナを出港し、穀物約66万トンを運び出した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細