スニーカーエイジ関西地区GP大会 京都女子がグランプリ

グランプリ校に選ばれた京都女子=19日、大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)
グランプリ校に選ばれた京都女子=19日、大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)

高校軽音楽部の日本一を決める「第2回全国高校軽音楽部大会 we are SNEAKER AGES(スニーカーエイジ)」(産経新聞社、スニーカーエイジ実行委員会、三木楽器グループ主催、大阪芸術大学など協賛)の関西地区グランプリ大会は19日、大阪市中央区の松下IMPホールでファイナルステージを迎えた。京都女子がグランプリ校、近畿情報高等専修学校(大阪)と和歌山が準グランプリ校に選ばれ全国大会出場を決めた。

ファーストステージ(ライブ選考)を通過した15校がファイナルステージに臨み、熱気あふれる歌声や演奏を響かせた。

京都女子のキーボードでバンドリーダーの2年、寒風澤采佳(さぶさわあやか)さん(16)は「全国大会出場の夢がかなってうれしい。全国では聞く人に幸せになってもらえる演奏をしたい」と意気込んだ。

全国大会は12月25日にグランキューブ大阪(同市北区)で開催され、各地区大会を勝ち上がった15校が頂点を目指す。

会員限定記事会員サービス詳細