横断歩道の園児7人はねられ搬送、21歳運転手逮捕 沖縄・宜野湾

横断歩道を渡っていた幼児7人が軽乗用車にはねられた現場=19日午後、沖縄県宜野湾市
横断歩道を渡っていた幼児7人が軽乗用車にはねられた現場=19日午後、沖縄県宜野湾市

19日午前9時20分ごろ、沖縄県宜野湾市伊佐2丁目の市道交差点で、散歩用のカートに乗って横断歩道を渡っていた園児7人が軽乗用車にはねられ、病院に運ばれた。県警によると、7人は近くの保育園に通う1~2歳で、搬送時、全員意識があった。

県警は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、車を運転していた同県中城村津覇の池原優香容疑者(21)を現行犯逮捕。赤信号を無視して交差点に進入した疑いもあるといい、詳しい状況を調べている。

近くのガソリンスタンドに勤務する男性によると、「ドン」という大きな音が聞こえ振り返ると、車がカートにぶつかっていた。付近にいた人が歩道に投げ出されて大声で泣く子どもたちを抱き上げ、ビルの下に運んでいたという。 現場は宜野湾市役所の西約2・5キロの国道58号と市道の交差点。

会員限定記事会員サービス詳細