ドコモ「d払い」一時障害 アンドロイド搭載スマホ

NTTドコモのキャッシュレス決済サービス「d払い」について、「アンドロイド」搭載のスマートフォンで一時利用できない障害が発生した
NTTドコモのキャッシュレス決済サービス「d払い」について、「アンドロイド」搭載のスマートフォンで一時利用できない障害が発生した

NTTドコモは19日、キャッシュレス決済サービス「d払い」について、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載のスマートフォンで一時利用できない障害が発生したと明らかにした。障害は午前10時ごろ起きたが、同35分ごろには復旧した。

ドコモは「お客さまにご迷惑をおかけし、大変申し訳ありません」とコメント。障害の原因や影響範囲を調べている。

d払いは平成30年4月にサービスを開始。ドコモによると利用者は令和4年6月末時点で約4500万人に上り、飲食店やコンビニエンスストア、インターネット通販サイトなどで使われている。

会員限定記事会員サービス詳細