スニーカーエイジ関西地区GP 初出場の近畿情報高等専修学校が全国切符

初出場で全国大会出場を決めた近畿情報高等専修学校=大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)
初出場で全国大会出場を決めた近畿情報高等専修学校=大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)

大阪市中央区の松下IMPホールで19日に開催された「第2回全国高校軽音楽部大会 we are SNEAKER AGES」(産経新聞社、スニーカーエイジ実行委員会、三木楽器グループ主催、大阪芸術大学など協賛)関西地区グランプリ大会のファイナルステージ。ライブ選考のファーストステージを勝ち上がった15校のうち大阪府勢は7校が出場。初出場の近畿情報高等専修学校が準グランプリ校に選ばれ、全国大会出場を決めた。また、近大付が大阪芸術大学賞、四條畷がベストスマイル校賞を獲得した。

近畿情報は、シンガーソングライター、Vaundy(バウンディ)さんの「花占い」を披露。キーボードの演奏を中心にしたテンポのよい曲調に乗せて、ボーカルの澄んだ歌声が会場いっぱいに響き、会場からは手拍子もわき上がった。ドラムを務めた部長の3年、川尻慎(しん)さん(17)は「やりきった感が強く、最高のパフォーマンスができた。表彰式では感動で思わず泣いてしまった」と話し、全国大会に向けては「楽しんで演奏する姿を感じとってほしい」と力を込めた。

大阪芸術大学賞を受賞した近大付(鳥越瑞絵撮影)
大阪芸術大学賞を受賞した近大付(鳥越瑞絵撮影)

近大付は同名の米テレビ映画で使われた「LET IT SHINE(レット・イット・シャイン)」を披露。転調をきかせた楽曲でメリハリをつけて、観客を巻き込んだパフォーマンスで盛り上げた。部長で2年の原口萌奈(もえな)さん(16)は「ファイナルステージにたどり着いたうれしさと演奏する楽しさをぶつけることができた」と笑顔で話した。

ベストスマイル校賞に輝いた四條畷(鳥越瑞絵撮影)
ベストスマイル校賞に輝いた四條畷(鳥越瑞絵撮影)

四條畷は、ロックバンド・緑黄色社会の「ずっとずっとずっと」を、スタンダードなバンド編成でライブ感を演出し、元気あふれるステージを展開した。ボーカルで2年の古大工珠雪(こだいくたまき)さん(16)は「全員が笑顔で演奏することを心に込めた。その思いは観客にも伝わったと思う」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細