加藤厚労相、コロナ全数把握見直し「スピード感持って対応」

衆院厚労委の閉会中審査で答弁する加藤勝信厚労相=19日午前、国会内(矢島康弘撮影)
衆院厚労委の閉会中審査で答弁する加藤勝信厚労相=19日午前、国会内(矢島康弘撮影)

加藤勝信厚生労働相は19日午前の衆院厚労委員会の閉会中審査で、新型コロナウイルス新規感染者の全数把握の見直しについて「全数把握の目的は感染状況を把握し、リスクの高い人の健康管理の維持にある。どう医療関係者の負担を軽減すべきか、関係者の話も聞きながら、スピード感を持って対応したい」と語った。立憲民主党の柚木道義氏への答弁。

会員限定記事会員サービス詳細