学校給食めぐる贈収賄、東大阪市議らを在宅起訴 大阪地検

樽本丞史・東大阪市議
樽本丞史・東大阪市議

大阪府東大阪市が発注した学校給食運搬の委託業務を巡る贈収賄事件で、大阪地検は、収賄罪で樽本丞史(じょうじ)市議(54)=6月に自民離党=を、贈賄罪で同市の運送会社「御厨(みくりや)運送」の杉原幸太郎元会長(89)をそれぞれ在宅起訴した。いずれも10日付。地検は認否を明らかにしていない。

起訴状などによると樽本市議は、昨年12月27日に実施された給食運搬業務委託の競争入札を前に、非公表だった予算額(9億5千万円)を杉原元会長に教え、同月7日に見返りに現金100万円を受け取ったとしている。

杉原元会長は同府四條畷市の給食運搬業務を巡る汚職事件で、昨年8月に贈賄罪で罰金50万円の略式命令を受けた。御厨運送はこの影響で東大阪市の入札に参加できず、別の会社が約7億8900万円で落札した。

落札した会社は、御厨運送から配送車の提供を受けることで合意していたがその後、破棄された。必要な車を用意できず、4月に市から委託業務契約を解除された。

会員限定記事会員サービス詳細