コロナ留年で東大を提訴 学生「救済措置不十分」

東大に留年決定の取り消しなどを求め東京地裁に提訴し、記者会見する杉浦蒼大さん(右)=19日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ
東大に留年決定の取り消しなどを求め東京地裁に提訴し、記者会見する杉浦蒼大さん(右)=19日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

新型コロナウイルス感染で欠席した授業の十分な救済措置を行わずに留年を決めたのは不当だとして、東大教養学部理科3類2年の杉浦蒼大さん(20)が19日、東大に留年決定の取り消しなどを求め東京地裁に提訴した。

訴状によると、杉浦さんは5月、自宅で高熱を発症して意識がはっきりしない状態となり、進級に必要な基礎科目のオンライン授業を2回休んだ。症状が多少改善した6月、大学側に陽性の診断書を提出して対応を求めたが、連絡が遅かったことなどを理由に補講やリポートの提出といった救済措置が認められず、単位が認定されなかった。

杉浦さんが8月上旬に記者会見したことを受け、東大は杉浦さんの症状が重いとは認められず、主張は「誤ったもの」とする見解をホームページに一時掲載。これを受け交流サイト(SNS)で「うそつき」などと中傷を受けたとして、東大に100万円の損害賠償も求めている。東大は「訴状が届いていないのでコメントは差し控える」としている。

会員限定記事会員サービス詳細