ツアー1年目、竹田麗央が5アンダーで4位タイ発進 女子ゴルフ

第1日、5アンダーで4位の竹田麗央=大箱根CC
第1日、5アンダーで4位の竹田麗央=大箱根CC

女子ゴルフのCATレディース第1日は、ツアー1年目の19歳、竹田麗央(りお)が首位と1打差の4位タイにつけ、好スタートを切った。

ツアー1年目の竹田は、自らのプレースタイルを評していわく「ドライバーの飛距離を生かし、短い番手でバーディーチャンスを作る」。10番スタートの前半は、261ヤードを飛ばした14番での1バーディーに終わったが、後半は本領発揮である。

1番で1メートル、6番は2メートル、最終9番は1メートル。すべてドライバーで飛距離を稼いでのバーディーだ。叔母は豪快なショットで2度の賞金女王(1993、94年)に輝いた平瀬真由美。その血を受け継いでいる。

「上位にいる選手に負けないショットを打てていると思う」と、この日はボギーなしの5バーディー。自己ベストの67で首位に1打差、自己最高位の4位タイと好発進した。

刺激もあった。前週NEC軽井沢72(長野)で岩井千が初優勝。「ジュニアのときから一緒に試合に出ていた(1歳上の)先輩。すごいです。私も頑張ろうって」。またフレッシュな逸材が現れた。(清水満)

会員限定記事会員サービス詳細