中国の慎重姿勢に…スリランカ大統領、日本主導の債務協議を希望

インタビューに応じるスリランカのウィクラマシンハ大統領=18日、コロンボ(ロイター)
インタビューに応じるスリランカのウィクラマシンハ大統領=18日、コロンボ(ロイター)

経済危機に陥っているスリランカのウィクラマシンハ大統領は18日、ロイター通信のインタビューに対し、債務再編協議を主導するよう日本に依頼する考えを示した。9月に訪日し、岸田文雄首相と会談することも検討しているという。

主要債権国は日本や中国、インドなど。スリランカは国際通貨基金(IMF)と金融支援交渉を続けながら、並行して債権国との協議も進めている。だが中国は債務の圧縮に慎重な姿勢を続けており、先行き不透明感が強い。

インドと中国は領土問題を抱えて対立。スリランカへの影響力を高めようとしのぎを削っており、債務を巡る交渉が難しくなっている。ウィクラマシンハ氏はスリランカ屈指の親日政治家として知られ、日本の主導で円滑に協議を進めたい考えだとみられる。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細