萩生田氏「反省している」 旧統一教会の関連施設訪問

記者団の取材に応じる自民党の萩生田光一政調会長=18日午後、東京・永田町の党本部(矢島康弘撮影)
記者団の取材に応じる自民党の萩生田光一政調会長=18日午後、東京・永田町の党本部(矢島康弘撮影)

自民党の萩生田光一政調会長は19日夜のインターネット番組で、地元の東京都八王子市内にある世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連施設を6月に生稲晃子参院議員とともに訪れたことに関連し「反省している」と述べた。社会問題となった霊感商法の被害で現在も苦しんでいる人がいるとして「政治家として少し心配りが足りなかった」とした。

防衛費をめぐり、自民党が掲げる国内総生産(GDP)比2%以上の事実上の数値目標に関し「本当に日本を守るために積み上げたら、2%では足りない」と指摘。「政調会長として真っ先に取り組みたい」とも語った。

会員限定記事会員サービス詳細