韓国軍、レーダー照射で強硬指針 見直しも検討

韓国海軍艦が2018年、自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題を巡り、韓国軍が強硬指針を作っていたことが分かった(AP)
韓国海軍艦が2018年、自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題を巡り、韓国軍が強硬指針を作っていたことが分かった(AP)

韓国海軍艦が2018年、自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題を巡り、韓国軍が19年2月、自衛隊機が2回の警告に応じず接近を繰り返した場合は同レーダーを照射する指針を作っていたことが19日、分かった。両国間の不信が増大していた時期に強硬な措置を準備した形。見直しを検討中という。

韓国国会国防委員会に所属する保守系与党の申(シン)源(ウォン)湜(シク)議員に国防省が報告したという。

申氏側によると、指針は自衛隊機だけを対象としたもので、申氏は「非常に危険な政策だ」と指摘。国防省は申氏に対し、指針の廃棄を検討中だと説明したという。申氏は、韓国軍合同参謀本部次長も務めた。国防省は「軍の作戦と関連する指針については内容を説明しない」としている。

日本政府は18年12月、韓国海軍艦が日本海で海自哨戒機にレーダーを照射したと発表、韓国側は否定した。(共同)

自民・佐藤外交部会長「反日目的で軍を悪利用」

会員限定記事会員サービス詳細