独、パレスチナ議長を捜査 「ホロコースト」発言

ドイツ・ベルリンで記者会見に臨むドイツのショルツ首相(右)とパレスチナ自治政府のアッバス議長=16日(ロイター)
ドイツ・ベルリンで記者会見に臨むドイツのショルツ首相(右)とパレスチナ自治政府のアッバス議長=16日(ロイター)

ドイツの警察当局は19日、パレスチナ自治政府のアッバス議長が16日にショルツ首相とベルリンで記者会見した際、「イスラエルはパレスチナにホロコーストを行った」と発言したことについて、憎悪を扇動した疑いで捜査を始めたと明らかにした。ホロコーストはナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺を指す言葉で、第2次大戦終結までに約600万人が殺害されたとされる。

警察が刑事告発を受けたという。地元メディアは、アッバス氏が公式訪問中だったため、外交特権で訴追を免除されるとのドイツ外務省の見方を伝えた。

発言を巡っては、ショルツ氏が会見で反論しなかったことに批判が相次ぎ、ショルツ氏はその後、ツイッターで発言を非難。イスラエルのラピド首相も発言は「道徳的な恥だ」とツイートした。

ショルツ氏は18日にラピド氏と急きょ電話会談し「ホロコーストを否定したり、相対化しようとしたりする試みを強く非難する」と強調した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細