下関国際が初の4強入り 賀谷が名誉挽回の逆転打

【下関国際-大阪桐蔭】九回、逆転の2点適時打を放つ下関国際の賀谷=8月18日、甲子園(渡辺大樹撮影)
【下関国際-大阪桐蔭】九回、逆転の2点適時打を放つ下関国際の賀谷=8月18日、甲子園(渡辺大樹撮影)

粘った下関国際(山口)が大阪桐蔭を最後に逆転し、初の4強入りを果たした。18日に行われた全国高校野球選手権大会準々決勝の第3試合。1点を追う九回1死二、三塁から賀谷が中前に逆転の2点打。試合を決めた4番打者は「技術的には相手が圧倒的に上でも、全員で粘り強く戦っていこうと話していた。それができた結果だと思う」と拳を握った。

一回にいきなり2失点。春夏連覇を目指す百戦錬磨の相手にのみ込まれそうになったが、踏ん張った。三回、五回と松本の2打席連続適時打で同点に追いつくと、勝ち越された直後の六回は橋爪の適時打で再び振り出しに戻す。その裏に三たびリードを許すも、2死満塁でリリーフした仲井がピンチを脱し、七回には無死一、二塁で三重殺。坂原監督は「大きく流れを変えるプレーになった」。夏の甲子園では9年ぶり9度目というビッグプレーが、終盤の逆転劇を引き寄せた。

一塁手の賀谷は五回、フライを落球する適時失策を犯したが、「みんなが『絶対、最後に大事なところで回す』と。そういう場面を作ってくれ、かえすことができてよかった」と名誉挽回してみせた。

第100回大会の8強を超え、初の準決勝進出。坂原監督は「3年生が入学したときから準々決勝を超えることを掲げて練習してきた。大阪桐蔭を目標にしてきて、ひるむことなく立ち向かってくれた」と感慨深げ。ここからは新たな歴史を刻む挑戦が始まる。(大石豊佳)

会員限定記事会員サービス詳細