名古屋市職員、コンベヤー挟まれ死亡 荒子川ポンプ所

18日午後3時ごろ、名古屋市港区の「荒子川ポンプ所」で、市緑政土木局の男性業務技師(47)がコンベヤーに挟まれているのが見つかった。市によると、技師は搬送先の病院で死亡が確認された。

コンベヤーは、荒子川の水を海へ流す際に回収したごみを、岸へ運搬するためのもの。技師は1人で点検作業をしていた。別の作業員が発見し119番した。

会員限定記事会員サービス詳細