「不信任は違法」と提訴 失職の前あきる野市長

あきる野市の村木英幸前市長
あきる野市の村木英幸前市長

東京都あきる野市議会による2度の不信任決議可決で失職した村木英幸前市長(65)は18日、決議は違法として、議会に取り消しを求め東京地裁に訴えを起こしたと明らかにした。提訴は16日付。市内で記者会見し「市長の執行権を侵害し、市の業務を妨害した」と議会を批判した。

訴状などによると、議会は村木氏の特別養護老人ホーム整備を巡る対応を問題視し令和3年7月、施設用地の市有地を貸与・売却する際に、議会の議決を必要とする条例を定めた。村木氏側は「適正な対価での貸し付けの場合、議決は不必要」と主張。条例に従わないとして可決された不信任決議は「違法との評価を免れない」と訴え、取り消しを求めた。

村木氏は今年6月の最初の不信任決議可決を受け、議会を解散した。しかし7月の市議選後に再び決議が可決され、地方自治法に基づき失職した。

9月4日投開票の市長選には村木氏の他、元市議中嶋博幸氏(55)が立候補を表明している。

会員限定記事会員サービス詳細