五輪要望内部文書を提示 AOKI側、高橋容疑者と面会時

高橋治之容疑者
高橋治之容疑者

東京五輪のスポンサー契約を巡る贈収賄事件で、受託収賄容疑で逮捕された元理事の高橋治之(はるゆき)容疑者(78)に対し、紳士服大手「AOKIホールディングス」側が、五輪関連事業で高橋容疑者に要望する内容などをまとめた内部文書を高橋容疑者との面会時に見せていたことが18日、関係者への取材で分かった。

東京地検特捜部はこの文書を押収。贈賄容疑で逮捕されたAOKI前会長、青木拡憲(ひろのり)容疑者(83)らが、高橋容疑者に有利な取り計らいを依頼した「請託」に当たる可能性があるとみているもようだ。

関係者によると、青木容疑者は部下を伴って高橋容疑者が経営する東京都港区のステーキ店で高橋容疑者と何度も会食。平成30年秋には、会食時に五輪関連事業に関するAOKI側の要望を記載した文書を高橋容疑者に提示したという。

文書には、スポンサー企業が販売することができる東京五輪の公式ライセンス商品について、販売に必要とされる組織委の審査を早めるよう求める内容などが含まれていたという。

AOKIはこの会食から間もない30年10月、組織委と東京五輪の「オフィシャルサポーター」としてのスポンサーシップ契約を結んだ。

青木容疑者はそれに先立つ29年9月、高橋容疑者のコンサルティング会社「コモンズ」とAOKIの関連会社との間で、月額100万円のコンサル契約を締結。その後、部下でAOKI専務執行役員の上田雄久容疑者(40)に、高橋容疑者に対する要望を文書をまとめるよう指示していたとみられる。

関係者によると、高橋容疑者は逮捕前の任意聴取で、要望を記した文書は「見ていないし、受け取ってもいない」と説明。審査についても「AOKIに限らず、全ての商品の販売を急ぐよう組織委側に意見しただけ」と話している。

会員限定記事会員サービス詳細