登山中に意識失い死亡 北ア・燕岳で愛知の男性

18日午後0時半ごろ、長野県の北アルプス燕岳(2763メートル)に登っていた愛知県岡崎市の男性会社員(60)が意識を失い、心肺停止状態にあると、同行者から119番通報があった。長野県警のヘリコプターが男性を救助し、松本市内の病院に搬送したが、死亡が確認された。安曇野署が身元の確認を進めている。

署によると、男性は同行者と2人で、1泊2日の予定で18日に入山。登山中、意識を失った。持病があるかどうかは不明という。

会員限定記事会員サービス詳細