三重殺に盗塁死 流れ手放した大阪桐蔭「隙があったのかも」

【下関国際―大阪桐蔭】春夏連覇の夢が途絶え、涙に暮れる大阪桐蔭の選手ら=8月18日、甲子園(水島啓輔撮影)
【下関国際―大阪桐蔭】春夏連覇の夢が途絶え、涙に暮れる大阪桐蔭の選手ら=8月18日、甲子園(水島啓輔撮影)

1点リードで九回のマウンドに上がった大阪桐蔭の前田を待っていたのは「アウェー」の洗礼だった。18日に行われた全国高校野球選手権大会準々決勝の第3試合。球場全体に下関国際(山口)を後押しするような手拍子が響く中、左腕の投球は魅入られたように真ん中に集まった。

連打で無死一、二塁から犠打で送られ、賀谷にストレートを痛打された。「投げ切ったつもりだが、甘く入った。気持ちで相手が上だった」。2年生の敗戦投手は淡々と話した。

幸先よく、一回に2点を先制。大阪桐蔭ペースかと思われたが、流れを手放すシーンが目立った。一回はなおも1死一、三塁と攻めたが、一塁走者が二盗失敗。二回は先頭を出すも二塁に送れず、併殺打で無得点。極めつきは七回だ。ヒットと敵失で無死一、二塁から、大前のバントは投手への小フライとなり、飛び出していた2走者もアウトになる三重殺。好機は一瞬にしてついえた。

主将の星子は「点を取れるときに取らないと後々厳しい。それが野球の怖さ」と話した上で「秋、春と(全国大会で)勝って満足したわけではないが、隙があったのかも」。すべてのチームの標的にされてきた王者の苦しさを吐露した。

「勝てなかったのは監督の責任」と繰り返した西谷監督。過去2度の春夏連覇で勝ち続けることの難しさを知る指揮官は「3年生を中心に本当に一生懸命やったチーム。感謝している」とナインをたたえた。(鮫島敬三)

会員限定記事会員サービス詳細