自宅に遺体放置疑いで男逮捕、90歳母親か 静岡

女性の遺体を自宅に放置したとして、静岡県警静岡中央署は18日、死体遺棄の疑いで静岡市葵区大岩、無職、増井千彰容疑者(60)を逮捕した。遺体は同居の母親(90)とみて、署が身元や死因を調べる。

逮捕容疑は8月上旬ごろ、女性が自宅で死亡したことを知りながら、同17日まで遺体を放置したとしている。

署によると、増井容疑者は母親と2人暮らし。新聞配達員が17日、郵便受けに新聞がたまっていることに気づき、署に通報。駆けつけた警察官が寝室で遺体を見つけた。

会員限定記事会員サービス詳細