大阪桐蔭が逆転負け 下関国際5-4大阪桐蔭

【下関国際―大阪桐蔭】春夏連覇の夢が断たれ、涙を流す大阪桐蔭の川原(中央)=8月18日、甲子園(甘利慈撮影)
【下関国際―大阪桐蔭】春夏連覇の夢が断たれ、涙を流す大阪桐蔭の川原(中央)=8月18日、甲子園(甘利慈撮影)

下関国際は3―4の九回に赤瀬、松本の連打と犠打で1死二、三塁と攻め、賀谷が逆転の2点中前打を放った。先発の古賀が六回途中まで4失点。2番手の仲井が切れのある直球で押し、残り3回⅓を3安打無失点で切り抜けた。

大阪桐蔭は3度リードを奪ったが、七回のバント失敗が三重殺になるなど突き放せず、2番手の前田が最後につかまった。

会員限定記事会員サービス詳細