ロシア、クリミアから航空機移動 爆発警戒か ウクライナが実行認める報告書

16日、ウクライナ・クリミア半島ジャンコイにあるロシア軍弾薬庫で爆発後に上がる煙(タス=共同)
16日、ウクライナ・クリミア半島ジャンコイにあるロシア軍弾薬庫で爆発後に上がる煙(タス=共同)

ウクライナ国防省情報総局は17日、ロシアが2014年に強制編入したウクライナ南部クリミア半島のロシア軍基地などで爆発が相次いだ後、ロシア軍が航空機やヘリコプターをロシア本土に移動させ始めたと発表した。衛星写真によると、爆発により一部の戦闘機が破壊されており、さらなる攻撃を警戒した可能性がある。

ウクライナ側は攻撃を公式に認めていないが、ウクライナ軍の特殊部隊や反ロ勢力が実行したとの見方が出ている。米CNNテレビは17日、ウクライナ高官から実行を認める政府の報告書を入手したと報じた。南部ヘルソン州奪還を目指すウクライナ軍がロシア軍の補給を断つ目的で工作したとの観測もある。

ウクライナ軍は17日、ヘルソン州ノバカホフカのロシア軍拠点を破壊し、少なくとも兵士12人を殺害したと発表した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細