「介護中に足が当たった」 特養で81歳女性死亡、元職員が虚偽説明か 

逮捕された福島栄行容疑者=17日午後、名古屋・緑署
逮捕された福島栄行容疑者=17日午後、名古屋・緑署

名古屋市緑区の特別養護老人ホーム「緑生苑」で入所者の女性が暴行され死亡した事件で、傷害致死容疑で逮捕された元職員、福島栄行(ひでゆき)容疑者(34)が、女性が病院に運ばれた直後「介護中に女性の足に自分の足が当たることがあった」「ぐったりしているのは疲れが原因だと思った」などと同僚や上司に説明していたことが18日、関係者への取材で分かった。

暴行の発覚を免れようと虚偽の説明をした疑いがあり、愛知県警が詳しい経緯を調べている。

福島容疑者は昨年3月、ショートステイ(短期入所)を利用していた角谷三枝子さん=当時(81)=を蹴るなどして死亡させたとして、今月17日に逮捕された。角谷さんは両脚を骨折し、背中や腰に皮下出血や筋肉内出血もあった。

事件があったとみられる時間帯は計4人の職員が勤務し、このうち福島容疑者が角谷さんの担当だった。

会員限定記事会員サービス詳細