仙台育英、多彩な攻撃 仙台育英6-2愛工大名電

【仙台育英-愛工大名電】二回に適時打を放つ仙台育英の橋本=8月18日、甲子園(渡辺大樹撮影)
【仙台育英-愛工大名電】二回に適時打を放つ仙台育英の橋本=8月18日、甲子園(渡辺大樹撮影)

仙台育英が12安打に3盗塁を絡めた多彩な攻撃で快勝した。一回に森の犠飛で先制し、二回は尾形の適時バント安打と橋本の適時打で加点。その後も岩崎の2本の適時打などで突き放した。先発の斎藤蓉は五回まで1安打しか許さず、主導権を引き寄せた。

愛工大名電は先発有馬が2回3失点。攻撃は4併殺が響き、終盤の2点止まりだった。

会員限定記事会員サービス詳細