自民・萩生田氏は自ら説明を 公明・北側氏求める

公明党の北側一雄副代表
公明党の北側一雄副代表

公明党の北側一雄副代表は18日の記者会見で、6月に自民党の萩生田光一政調会長が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体の施設を訪れていたことに関し、自ら説明責任を果たすよう求めた。「社会的な問題がある。指摘されている団体との関係について、われわれ政治家は慎重でなければならない。本人がしっかりと国民の皆さんに説明してほしい」と述べた。

萩生田氏は経済産業相だった6月、7月の参院選で初当選した自民の生稲晃子参院議員とともに教団関連施設を訪問した。

教団関係施設との認識なかったと自民、生稲氏

会員限定記事会員サービス詳細