林外相「懸念払拭の重要性」伝達 ソロモン外相と電話会談

林外相
林外相

林芳正外相は18日、南太平洋のソロモン諸島のマネレ外務・貿易相と電話会談した。中国がソロモン政府と締結した安全保障協力の現状について意見を交わし、林氏は各国の懸念を払拭することの重要性を伝えた。

中国は今年4月、ソロモン政府との間で中国艦艇の寄港や物資補給を認めることなどを含む協定を結んだと発表。米国や近隣のオーストラリア、ニュージーランドは中国による事実上の軍事拠点化につながるとして懸念を表明していた。

会員限定記事会員サービス詳細