コロナ貸付金詐取容疑、無職の34歳女逮捕 警視庁

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

新型コロナウイルスの影響で収入が減少した世帯への貸付金計65万円をだまし取ったなどとして、警視庁新宿署は詐欺容疑などで東京都新宿区、無職、高橋実希容疑者(34)を逮捕した。調べに対し、「何のことか分かりません」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は昨年10月、知人の20代の女性になりすまし、国の貸付金「緊急小口資金」と「総合支援資金」を申請し、今年1月までに計65万円の振り込みを受け詐取したなどとしている。

新宿署によると、高橋容疑者は、知人女性の運転免許証を何らかの方法で入手し、勝手に住所変更したり銀行口座を不正に開設したりするなどして、申請していたという。

高橋容疑者の住所に複数が住民登録をしていることを不審に思った新宿区役所から相談があり、犯行が発覚した。

会員限定記事会員サービス詳細