9歳4カ月 大阪の藤田怜央君プロ入り 国内最年少、中韓の記録抜く

記者会見前に、笑顔をみせる藤田怜央さん=17日、大阪市中央区(南雲都撮影)
記者会見前に、笑顔をみせる藤田怜央さん=17日、大阪市中央区(南雲都撮影)

囲碁の関西棋院は17日、小学3年生の藤田怜央(れお)君(9)を9月1日付でプロ棋士(初段)として採用すると発表した。将来有望な人材を採用するため4月に新設した「英才特別採用規定」の第1号。関西棋院などによると、4月25日生まれの藤田君は9歳4カ月の史上最年少でのプロ入りとなり、仲邑菫(なかむらすみれ)二段(13)の10歳0カ月を更新する。プロ制度が確立した中国の常昊(じょうこう)九段(45)と韓国の曺薫鉉(チョフンヒョン)九段(69)の9歳7カ月を抜く記録となる。

大阪市中央区出身の藤田君は4歳で囲碁を始め、数々の囲碁大会で優勝や上位入賞を果たした。小学2年生のころからハンデなしでプロにたびたび勝つようになり、注目を集めていた。

囲碁でプロになるには、日本棋院か関西棋院の院生になり、一定の成績を収める必要がある。藤田君は今年4月まで約2年間、日本棋院の院生だったが、7月に関西棋院の英才特別採用試験を受けた。瀬戸大樹八段(38)との試験碁などを実施した結果、9月1日から棋士として抜擢することになった。

9歳4カ月 大阪の藤田怜央君プロ入り 国内最年少、中韓の記録抜く

囲碁界で相次ぐ年少棋士採用のワケ 世界への対抗、人気拡大のテコ入れ…

「世界一」が目標 囲碁最年少デビューの藤田怜央君 9月にもデビュー戦


会員限定記事会員サービス詳細