尹氏、大阪総領事にも知日派起用

韓国大統領府が入る旧国防省庁舎=ソウル(共同)
韓国大統領府が入る旧国防省庁舎=ソウル(共同)

【ソウル=桜井紀雄】韓国外務省は17日、駐大阪総領事に金亨駿(キムヒョンジュン)元大統領府春秋館長(56)=写真=を特任公館長として任命したと発表した。金氏は慶応大学を卒業後、日本企業の韓国支社長などを歴任し、尹錫悦政権内で指折りの知日派として知られる。

尹大統領は、駐日大使に慶応大で博士号を取得した著名国際政治学者の尹徳敏(ユンドンミン)氏を起用。東京、大阪の2大都市に日本人の人脈を持ち、日本語でのコミュニケーション能力が高い2人を送ることで、文在寅(ムンジェイン)前政権下で悪化した日韓関係改善の牽引(けんいん)役としたい考えだ。

金氏は、尹政権と同じ保守の李明博(イミョンバク)政権時代に報道機関を担当する春秋館長を務めたほか、尹大統領の大統領選当時、陣営でメディア対応などに当たった。関係者によると、民間企業やメディア対応で培った交渉力が評価されたという。

会員限定記事会員サービス詳細