尹大統領「譲歩と理解で解決できる」 日韓歴史問題

17日、記者会見する韓国の尹錫悦大統領=ソウル(共同)
17日、記者会見する韓国の尹錫悦大統領=ソウル(共同)

【ソウル=桜井紀雄】韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は就任から100日を迎えた17日に記者会見を開き、今後の国政運営について語った。いわゆる徴用工訴訟問題の解決策に関する質問に対しては「(日韓)両国が未来志向の協力関係を強化するとき、譲歩と理解を通じて歴史問題がより円満、早期に解決できると信じている」と述べ、日韓関係の早期改善に意欲を示した。

解決案については「日本が憂慮する主権問題の衝突なく、債権者(勝訴した原告)が補償を受けられる方策を検討中だ」と説明。「私は肯定的にみている」と、解決に自信をにじませた。

ただ、徴用工訴訟は日本企業の資産売却手続きが進み、韓国最高裁が近く最終判断を下す可能性があり、残された時間が少ない。原告側は対日外交を優先する尹政権に反発し、解決策を探る官民協議会への出席を拒むなど、原告側との溝も埋まっていない。

尹氏は会見で、日韓関係について、現在の北東アジアと世界の安全保障状況や経済安保の面からみても「未来のため緊密に協力しなければならない関係になった」と強調。「両国が歴史問題で合理的な方策を導き出せると、政府と国民が成し遂げられると考えている」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細