女子高生に小便かけた疑い 千葉県立高教諭を逮捕

千葉県警本部=千葉市中央区
千葉県警本部=千葉市中央区

千葉県警千葉東署は、路上で高校の女子生徒(15)に小便をかけたとして、暴行の疑いで千葉市若葉区の県立袖ケ浦高教諭、八木朋浩容疑者(32)を17日逮捕した。署によると「おしっこをかけたのは間違いない」と認めている。2人に面識はなかった。

逮捕容疑は7月8日午後9時半から同40分までの間、千葉市若葉区の路上で女子生徒に小便を2回かけたとしている。署によると、自転車で帰宅中の女子生徒に一度かけて立ち去り、先回りして待ち伏せし、再びかけた。

八木容疑者はコンビニでスラックスのチャックを全開にして店員に下着を見せたとして、県迷惑防止条例違反容疑で16日に千葉中央署に逮捕された。17日に釈放され、千葉東署が女子生徒に対する暴行容疑で逮捕した。

会員限定記事会員サービス詳細