「アイドルに使った」横領容疑で町立南伊勢病院の元職員逮捕

三重県警察本部=津市
三重県警察本部=津市

三重県南伊勢町立南伊勢病院の口座から現金740万円を着服したとして、三重県警は17日、業務上横領容疑で元職員、広出翔容疑者(38)を逮捕した。県警によると「自分で使うために不正に出金した。アイドルのコンサートやグッズ、インターネットゲームの課金に使った」と容疑を認めている。町によると、計約1億6790万円を着服した疑いがあり、県警はさらに調べる。

逮捕容疑は3月1日~5月13日、病院の口座から複数回にわたり計740万円を着服したとしている。県警によると、口座には患者が支払った診察費が納められていた。

問題は6月に発覚し、町は同28日に懲戒免職処分とした。今月15日に告訴していた。広出容疑者1人で会計業務を担当していた。

会員限定記事会員サービス詳細