高校ダンス部選手権

ビッグクラス狛江が7位入賞 夢の大舞台に「胸いっぱい」

演技をする東京都立狛江高等学校(東京)=17日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(永田直也撮影)
演技をする東京都立狛江高等学校(東京)=17日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(永田直也撮影)

東京ガーデンシアター(東京都江東区)で17日に開催された「第15回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」全国大会ビッグクラス(13~40人)には、都内から10校が出場し、狛江が7位入賞を果たした。

狛江は、鼓笛隊をイメージした衣装に身を包み、クラップや足音を取り入れた大迫力のダンスを披露。部長で3年の吽野(うんの)絵梨さん(17)は「ずっと夢見てきた舞台に立つことができて、胸がいっぱい」と声を弾ませた。

念願の初出場となった葛飾野。夜空で輝く星をテーマに、スパンコールをあしらった青色のセットアップ姿で、バク転などのアクロバティックなダンスを披露し、会場を魅了した。部長で3年の八代叶和(とわ)さん(18)は「先輩たちの思いも背負い、部員全員、全力で踊り切れた」と満面の笑み。

中大杉並は「オタク」をテーマに、ピンクの法被と黒ぶち眼鏡、ペンライトを手に、腕を大きく振った力強い演技を見せた。部長で3年の柿仲萌衣さん(18)は「こんな大きな舞台で踊れて幸せでいっぱい」とやり切った表情だった。

このほかの都内からのビッグクラス出場校=東京女学院▽駒大高▽王子総合▽足立▽広尾学園▽町田総合▽実践学園

会員限定記事会員サービス詳細