入金前の診察費も着服か 「アイドルに使った」逮捕の元町職員

三重県警察本部=津市
三重県警察本部=津市

三重県南伊勢町の町立南伊勢病院の口座から現金740万円を着服したとして、業務上横領容疑で逮捕された元町職員の広出翔容疑者(38)が、病院の口座に入金する前の診察費も着服した疑いがあることが17日、捜査関係者への取材で分かった。町によると、計約1億6790万円を着服した疑いがあり、三重県警は詳しい経緯を調べる。

捜査関係者によると、広出容疑者は病院で会計管理を担当していた令和元年5月~今年6月ごろ、口座に入金すべき診察費を預かり、そのまま一部を着服した疑いがある。

広出容疑者は3~5月、病院の口座から計740万円を着服したとして、今月17日に逮捕された。「アイドルのコンサートやグッズ、インターネットゲームの課金に使った」と容疑を認めている。

逮捕を受け、南伊勢町の上村久仁町長は17日、「町民の信頼を損ねる事件で、大変申し訳なく思っている」とのコメントを出した。

会員限定記事会員サービス詳細