高校ダンス部選手権

久米田(大阪)がビッグクラス初優勝

演技をする大阪府立久米田高等学校(大阪)=17日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(永田直也撮影)
演技をする大阪府立久米田高等学校(大阪)=17日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(永田直也撮影)

高校のダンス部日本一を決める「第15回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」(産経新聞社、ストリートダンス協会など主催、エースコック特別協賛)全国大会のビッグクラス(13~40人)決勝が17日、東京都江東区で行われ、久米田(くめだ)(大阪)が初優勝に輝いた。

全国大会2年連続準優勝の久米田のテーマは大阪・岸和田の祭り「だんじり」。青と茶色の法被を身にまとい、だんじりの屋根の上で踊る「大工方(だいくがた)」や全速力でだんじりを方向転換させる「やりまわし」の動きを迫力と躍動感あふれるダンスで表現し、会場を圧倒した。

部長で3年の西脇彩音(あやね)さん(17)は「3度目の正直でつかんだ日本一は最高です」と喜びを爆発させた。

準優勝は関西大倉(大阪)。3位は帝塚山(てづかやま)学院(同)、4位は千葉敬愛(千葉)、5位は京都聖母学院(京都)、6位は福岡大若葉(福岡)、7位は狛江(こまえ)(東京)、8位は泉陽(せんよう)(大阪)。

会員限定記事会員サービス詳細