社説検証

ペロシ米下院議長訪台 産経「米台団結具現した」 「なぜ今」と朝日は疑問視

訪台し、台湾の蔡英文総統(右から2人目)との会見に臨んだペロシ米下院議長(同3人目) =台湾総統府提供(AP)
訪台し、台湾の蔡英文総統(右から2人目)との会見に臨んだペロシ米下院議長(同3人目) =台湾総統府提供(AP)

中国が台湾への威嚇を強める中、米国のペロシ下院議長が訪台し、蔡英文総統と会談した。反発する中国は、台湾周辺で前例のない大規模な軍事演習を実施し、弾道ミサイルは日本の排他的経済水域(EEZ)にも着弾した。「台湾有事」への厳しい認識を迫られる事態である。

「(ペロシ氏が)中国の恫喝(どうかつ)に屈せず、台湾を訪問したことを高く評価したい」と、歓迎の意を表したのは産経である。米国の下院議長は、正副大統領に次ぐ要職であり、ペロシ氏は人権問題などで対中強硬派として知られる。下院議長の訪台は初めてではないが、中国は「人民解放軍は決して座視しない」と武力報復を示唆して、見合わせを要求していた。

産経は「ペロシ氏は到着後、すかさず『台湾の活力ある民主主義に対する米国の揺るぎない関与を履行するものだ』との声明を発表した。蔡英文総統との会談でも『米国は台湾と団結する』と語った。いずれも、台湾の併呑(へいどん)をもくろむ中国に対して、これを決して許さないという米国の立場を明確に示す重要なメッセージである」と評した。

読売は「中国が台湾の武力統一も視野に軍事的威嚇を続けている状況を座視できない、という米議会の党派を超えた認識を反映している」との見方を示した。米中間の緊張の高まりについて、「一国二制度」の国際公約を反故(ほご)にされた香港の現状から、「台湾で同様の事態が起きることへの危機感を米台が共有しているのは当然だ。緊張の原因を作った責任は中国にある」と断じた。

「疑問を禁じ得ない側面がある」との指摘は朝日である。中国は今、共産党指導部と党長老らが非公式に集まる北戴河会議が始まるころで、秋には5年に1度の共産党大会がある。米国は11月に中間選挙を控えている。「米中ともに内政に寄せる関心が高まり、対外強硬論が勢いづきやすい微妙な時期だ。そんな折にペロシ氏があえて耳目を集める訪問を行い、中国との対決色を打ち出す一方で、台湾海峡問題の平和的解決への方策を公に語ることがなかったのは残念である」と論じた。

このとき(4日付)は、「望まぬ衝突を避けるために、冷静な意思疎通による沈静化を図るべきだ」と米中双方に注文を付けた朝日だが、軍事演習が本格化すると、中国のみに矛先を向けた。「議員外交をめぐる摩擦を理由にこれほどの軍事力を動員するのは、明白な過剰反応だ」「自らの意に沿わぬ言動に接すると、武力で威嚇し、外交の扉も閉ざす。こんなふるまいでは、平和発展を志向する大国とは誰も認められない」と怒りをあらわにした(7日付)。

また、4日付では、「今週にカンボジアであるASEAN関連外相会議では、日中外相会談も予定されている。緊張緩和に向け、日本も米中の『橋渡し役』の役割を十分に発揮すべきときだ」と日本外交に期待を寄せたが、会談は中国側によりキャンセルになった。7日付では、「日中関係の今後の行方を憂慮せざるをえない。日本も米国も冷静な対応に努めるべき時だ」と厳しい受け止めを示した。

中国による大規模軍事演習は「北朝鮮でさえ、1日にこれだけの弾道ミサイルを日本のEEZに撃ち込んだことはない異常な振る舞いだ」(産経)、「日本を含む地域全体を危険にさらす威嚇」(読売)など、各紙が強く非難した。

日経は「不測の事態を防ぐためにも、米中には危機管理メカニズムの早期構築を検討してほしい」と促した。毎日は「米中対立が続く中、(日本に)求められるのは独自の対中戦略である。中国の強硬姿勢には毅然(きぜん)とした対応を取ると同時に、対話を通じて建設的な関係の構築を探る。したたかな外交を展開すべきだ」と強調した。

今回の大規模軍事演習は、台湾侵攻を想定した訓練ともみられ、日本の安全、国民生活も脅かされた。台湾有事は日本有事に直結する。日本も当事者として関与し、平和と安定を維持する努力を続けなければならない。(内畠嗣雅)

ペロシ米下院議長訪台をめぐる主な社説

【産経】

・「民主主義」の連帯示した (4日付)

・異常な火遊びを即やめよ (6日付)

【朝日】

・軍事的な緊迫、回避を (4日付)

・無責任な威嚇をやめよ (7日付)

【毎日】

・緊張高める中国の対抗策 (4日付)

・偶発的衝突避ける外交を (7日付)

【読売】

・中国は軍事的緊張を高めるな (4日付)

・台湾侵攻想定した危険な威嚇 (7日付)

【日経】

・米中は台湾めぐる危機管理の構築急げ (4日付)

・中国は台湾めぐる危険な威嚇をやめよ (6日付)

【東京】

・米中とも自制が肝要だ (4日付)

会員限定記事会員サービス詳細