たんぽぽ・白鳥「結婚してからカトパンが好きになった」

たんぽぽ・白鳥久美子(前列左)は結婚後「ハングリー精神がなくなった」とも(C)フジテレビ
たんぽぽ・白鳥久美子(前列左)は結婚後「ハングリー精神がなくなった」とも(C)フジテレビ

17日放送の「ホンマでっか!?TV」(水曜後9・0、フジテレビ系)は、テーマ「奥様芸人 集団人生相談」で大島美幸(森三中)、キンタロー。、クワバタオハラ(小原正子、くわばたりえ)、白鳥久美子(たんぽぽ)、ニッチェ(江上敬子、近藤くみこ)、やしろ優と家庭を持ちながら芸人として活躍しているゲストパネラーを迎える。

お笑いタレント、チェリー吉武を夫に持つ白鳥は「結婚してからカトパン(フリーアナウンサーの加藤綾子)が好きになった」という。以前は女性アナウンサーを「女芸人の敵だ」と思っていて、かつて番組の進行を務めていた加藤に対しても「なかなかの女だな」と内心、敵対視していたそう。しかし、自分が結婚してからは不思議とその気持ちが抜けて、加藤が「家庭のために仕事をセーブする」というニュースを見て「泣いてしまった」と吐露する。

すっかり加藤アナに感情移入した白鳥は「Live News イット!」で加藤が番組の最後にする“ある動き“をかかさずマネするようになったという。その“完コピ”披露にスタジオが爆笑する。

一方、キンタロー。は育児にも“職業病”が出てしまい、子供をあやしているときについつい顔芸をしてしまうという。そこで「変顔育児ってやってもいいの?」と評論家たちにガチで相談する。

また、脳科学評論家の澤口俊之氏が療養明けながらも久しぶりに登場。ズバッと切り込んでいくおなじみのもの言いに、MCの明石家さんまも「何も変わっていませんね」と一安心だ。

そんな澤口が「妊娠、出産で女性の脳は変化して包容力が高くなる」「ストレスを抱える母親の子供はバカになる」などの指摘が…。ストレスの単語に、くわばたの怒りのスイッチがオンになり「ストレスのない母親はいない。ママの実態、知ってからしゃべってよ!」とヒートアップする。両親へのあいさつや働くママの悩みなど、世の奥様たちにも共感してもらえるエピソードが次々と飛び出す回になっている。

(産経デジタル)


会員限定記事会員サービス詳細