高校ダンス部選手権

関西学院「120%の力発揮できた」

躍動感あふれる演技を披露した関西学院=17日、東京都江東区の東京ガーデンシアター(松井英幸撮影)
躍動感あふれる演技を披露した関西学院=17日、東京都江東区の東京ガーデンシアター(松井英幸撮影)

東京都江東区の東京ガーデンシアターで17日行われた高校ダンス部の日本一を決める「第15回日本高校ダンス部選手権」(スーパーカップダンススタジアム)のビッグクラス(13~40人)の全国大会。兵庫県内からは地区大会を勝ち抜いた関西学院が舞台に臨んだ。

関西学院は、ギリシャ神話に登場する怪物「メデューサ」をテーマにステージ映えするきらびやかな衣装とともに躍動感あるパフォーマンスを披露。女子メンバー33人が繰り出す壮大なスケールの演舞に大勢の観客が拍手を送った。

部長で3年の清水日南子さん(18)は「メデューサの強さと美しさ、恐ろしさを表現した。120%の力を発揮できたので楽しめた」と笑顔で話した。

会員限定記事会員サービス詳細