現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

8月17日

アフガニスタンのイスラム原理主義勢力タリバンはやはり約束を破った。1年前、首都カブールを制圧した際、報道担当者は「女性の権利は維持する」と述べていた。実際は政権を掌握すると、すぐに女性問題省を閉鎖した。 

▼女性に公共の場で顔を覆うよう強制し、女性一人の遠出も禁止した。中等教育からの排除も続いている。世界経済フォーラムが先月発表した各国の男女格差の度合いを評価する「ジェンダーギャップ指数」では当然、146カ国中最下位だった。

▼一方13年連続で1位の座を守っているのが、アイスランドである。世界で初めて選挙によって女性の国家元首を誕生させた国は、現在も女性首相のヤコブスドッティル氏が率いる。国会議員、企業経営の4割以上を女性が占め、4年前には男女の賃金格差を禁じる法律を施行した。

ランキング

  1. 【正論】「誇りある国」安倍元首相の遺産 麗澤大学教授・八木秀次

  2. 【一筆多論】ゼレンスキー批判に思う 遠藤良介

  3. 古代ギリシャの逸話と重なる安倍氏国葬 「真の政治家は不人気」 鹿間孝一

  4. 【石平のChina Watch】よみがえる「商鞅の亡霊」

  5. 【iRONNA発】なぜ韓国は日本を許そうとしないのか

  6. 【産経抄】9月29日

  7. 【直球&曲球】春風亭一之輔 なんでもかんでも手数料

  8. 【主張】日中国交50年 関係を根本から見直せ 経済・学術界も安保の視点を

  9. 【正論】大砲は無き道理を造る器械なり 拓殖大学顧問・渡辺利夫

  10. 【浪速風】日本記録更新なるか

会員限定記事