特養の81歳女性負傷し死亡、愛知県警が元職員の自宅捜索

愛知県警本部=名古屋市
愛知県警本部=名古屋市

名古屋市緑区の特別養護老人ホームで昨年3月、ショートステイ(短期入所)を利用していた女性=当時(81)=が搬送後に死亡する事案があり、愛知県警が傷害致死などの疑いで元職員の男の関与を捜査していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。県警は同日、元職員の自宅を家宅捜索した。

捜査関係者によると、亡くなったのは「緑生苑」に短期入所していた同区の角谷三枝子さん。両脚を骨折し、頭や首、胸などに内出血があった。

角谷さんは昨年3月5日に短期入所。個室で過ごしていたところ、同6日にホームの看護師が角谷さんの下半身に内出血があることなどに気付き、ホーム側が「足を負傷している入所者がいる」と119番した。7日午後に亡くなり、死亡後に家族が110番した。

会員限定記事会員サービス詳細