米大統領夫人が新型コロナ陽性

ジル・バイデン米大統領夫人(ロイター=共同)
ジル・バイデン米大統領夫人(ロイター=共同)

【ワシントン=坂本一之】米ホワイトハウスは16日、ジル大統領夫人が新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表した。

ジル氏の報道官によると、15日の定期検査では陰性が確認されたが同日夜に風邪のような症状が現れ始め、その後の検査で陽性反応が出た。ジル夫人は2回の追加接種を受けており、症状は軽いという。新型コロナ治療薬「パクスロビド」の服用を開始した。

バイデン大統領は16日の検査で陰性だった。バイデン氏は7月21日に感染が判明。同30日に再陽性と分かり、今月7日に対面による執務を再開した。

会員限定記事会員サービス詳細