現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

謝長廷代表寄稿 日台の議員外交より重要に 「インド太平洋」安定の要

台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表
台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表

台湾の台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(駐日大使に相当)=写真=が産経新聞に寄稿し、日本と台湾はインド太平洋の安定のため安全保障面を含め連携を強化すべきであり、外交関係のない日台間では議員外交がより重要になると訴えた。

「台湾有事は日本有事」。安倍晋三元首相は生前、こう警鐘を鳴らしていた。8月4日、中国が軍事演習として台湾周辺に11発の弾道ミサイルを発射し、うち5発を日本の排他的経済水域(EEZ)に撃ち込んだ。台湾を封鎖するかのような大規模演習は航空・海上の輸送に影響し、この言葉の意味を人々に実感させた。

ランキング

  1. 太陽光パネル、ウイグル製多い指摘に「人権を重視」小池都知事

  2. 河野元議長ら中国国酒で乾杯も厳しさ増す日中関係

  3. 北朝鮮、ミサイル発射の可能性

  4. 羽生結弦さん「最高の演技を」 日中国交正常化50周年イベントに参加

  5. 北ミサイルは2発 政府関係者

  6. 世界ウイグル会議議長「起きているのはジェノサイド」 安倍元首相に献花

  7. ロシア外相、大戦巡り日本批判「軍国主義の犯罪忘れず」

  8. ポルシェ上場、価値10兆円 ドイツで過去2番目の規模

  9. 利上げでもポンド安 英中銀困惑 動かぬ日銀の姿勢に〝追い風〟

  10. プーチン氏、30日に「併合」宣言へ 米欧は追加制裁

会員限定記事