「ジリジリジリという音が…」SKE48の鎌田菜月が遭遇した恐怖体験

ラジオ番組『サクラバシ919』の月曜パーソナリティーを務めているSKE48の鎌田菜月
ラジオ番組『サクラバシ919』の月曜パーソナリティーを務めているSKE48の鎌田菜月

SKE48の鎌田菜月が月曜日パーソナリティーを務めるラジオ番組『サクラバシ919』。8月15日(月)放送回のメールテーマは「ある意味怖い話」ということで、先日遭遇した恐怖体験を語った。

「ホラー映画を観に行った。怖いので真っ昼間に…(笑)」という鎌田は、その後、仕事などを済ませて夜に帰宅。すると、玄関のドアを開けた瞬間、「ジリジリジリ」と大きな音が。あまりの突然の出来事に、鎌田は思わず「ぎゃーーー」と絶叫してしまったと話す。

どうやらドアにセミが止まっており、ドアを開けたときにそれが飛び立った音だったのではないかとのこと。鎌田は「ご近所さんにたぶん聞こえていて…。やらかしたと思ってすぐ家に入った」と、遅い時間に大声を上げてしまったことを反省した。

5分でアツアツのみそラーメンを完食

このほか放送では、SKE48の『SUMMER ZEPP TOUR 2022』で北海道を訪れたときのエピソードも披露した。

鎌田いわく、SKE48のライブは「結構ヘビーでハード。どっちかというと体育会系」とのことで「その分、食べなきゃやってられない」と話す。

ライブのときはバタついていることが多いというが、ステージ裏では、スープカレーや生チョコ入りのパン、カニのお寿司、ザンギなど北海道グルメを堪能。さらに、空港で15分ほど空き時間があったといい、早朝にもかかわらず、メンバー数名と空港内のラーメン屋に急いでダッシュしたそう。

ラジオ番組『サクラバシ919』の月曜パーソナリティーを務めているSKE48の鎌田菜月
ラジオ番組『サクラバシ919』の月曜パーソナリティーを務めているSKE48の鎌田菜月

ラーメン屋では「奇跡的にサクッとお店に入れた」ものの、注文したバターコーンのみそラーメンがなかなか出てこず…。「カウンター越しに店員さんが頑張っているのが見えるけど、出てくるみそラーメンがどんどん別のテーブルにいく。店員さんの手元を、寝起きのじとっとした目で見つめていた」とヤキモキしたのだとか。

そんな中、ようやくみそラーメンが到着。タイムリミットまで残り5分ほどしかなかったが、あつあつのみそラーメンをどうにか完食し、なんとか集合時間に間に合ったと振り返る。

しかし、その後、ラーメン屋の隣の席に実はファンがいたことが判明。「すごく必死にみそラーメンを食べていた隣にいらっしゃったみたいで…。ちょっと恥ずかしい思いをした」とコメントした。(ラジオ大阪)

会員限定記事会員サービス詳細