高校ダンス部選手権

大阪・箕面が6位入賞 躍動感あふれるパフォーマンス

優秀賞を獲得した大阪府立箕面高校のダンス=16日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(永田直也撮影)
優秀賞を獲得した大阪府立箕面高校のダンス=16日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(永田直也撮影)

東京都江東区の東京ガーデンシアターで16日に開催された高校ダンス部の日本一を決める「第15回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」スモールクラス(2~12人)の全国大会に大阪府内からは15校が出場し、箕面(箕面市)が6位入賞。また、福井(茨木市)はストリートダンス協会賞、羽衣学園(高石市)がフジテレビ提供の「FOD賞」を手にした。

箕面

箕面は、明るい曲調の音楽に合わせて軽快な「ポップ&ロック」のダンスを展開。踊りを楽しもうと「ジャスト・エンジョイ・ダンシング」をスローガンに、ステージ映えするきらびやかな衣装とともに躍動感あふれるパフォーマンスで喜びを表現した。

ダンスリーダーの下高(しもたか)ののかさん(17)は「大会史上最多となる7度目の優勝には届かなかったけれど、ここまでやってくることができてとても幸せです」と語った。

福井

2年連続全国出場の福井は、男女8人が「炎」をイメージしたおそろいの赤い衣装で、細かい動きを織り交ぜたヒップホップダンスを披露した=写真。

部長の五十嵐咲穂(さきほ)さん(17)は「ところどころミスがあったが、(チームの)みんなが笑顔をつくれて、ひとつになれて、満足な踊りができた」と笑顔を見せた。大会会場が変わったが、「前回とは違う舞台に合うオーラを出す踊りを心掛けた」と話した。

ストリートダンス協会賞に輝いた大阪府立福井高校=16日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(三尾郁恵撮影)
ストリートダンス協会賞に輝いた大阪府立福井高校=16日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(三尾郁恵撮影)

羽衣学園

平成30年に全国優勝の経験を持つ羽衣学園は、近畿大会から思い切って演目を変え、ギリシャ神話の太陽や空、海の「神」をイメージした踊りを披露=写真。体調不良で1人が欠けた9人で踊ったが、実力校の意地を見せた。

キャプテンの谷本美優(みゆ)さん(17)は「全国優勝を目指していたので悔しさもあるが、全国大会で賞がもらえたのは自分たちには大きい結果。ほっとしている」と喜んだ。

FOD賞を受けた羽衣学園高校=16日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(永田直也撮影)
FOD賞を受けた羽衣学園高校=16日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(永田直也撮影)

会員限定記事会員サービス詳細